会社概要

Darts Physics Lavoratory(略称DPL)は、日本で唯一の店舗型ダーツトレーニング施設として、物理学・人体解剖学・医科学などに及び広い分野で研究、治療を行っております。

  • 当施設は2008年にダーツの研究をはじめ、約2,000名を育成・研究を行い2015年に店舗として創設され、研究期間含む3000名(2019年現在)の受講生を迎えております。
  • 研究成果をダーツ業界に普及させるため、企業との連携による共同研究、イップスなどのスポーツ障害に対する治療にも重点を置き研究を行っております。
  • 2019年にDPL大阪として出店、コンセプトとしてのダーツ業界全体の技術向上の為に、練習場所として誕生しました。
  • 素人の方からプロの方まで受講ではなく、練習場所としてもご利用いただけます。